11/9/11朝礼拝説教@高知東教会 ルカによる福音書20:41-44、詩編110篇1-4節 「僕となられた主」

11/9/11朝礼拝説教@高知東教会

ルカによる福音書20:41-44、詩編110篇1-4節

「僕となられた主」

 

人がキリストを信じると言うとき、それは要するに何を信じているのでしょうか。皆さんは、キリストの何を信じておられるのか。あるいはキリストの何が信じられなくて、キリストを信じますと言えないのでしょうか。そもそも、キリストらあおらんと思うなら、信じるも何もないでしょう。他のわかりやすい例を出して言えば、俺は運命なんて信じない。運命は自分で切り開くものだ!と勇ましく言う漫画の主人公が多く登場しますが、それは運命の存在を信じない、だから、運命に私の人生を支配させることなんてのはありえないし、俺が自分の人生を支配するのだと、そういうことでしょう。本当に多いなと思います。無論、私も運命は信じません。運命って要するに、神様から人格を抜き取って機械にして、だから嫌なことがあっても、仕方ないとか、そういうもんだと納得しやすいようにして、神様という人格に向き合わないで済むような考えですから、神様を信じていると言いながら、運命を信じると言うのなら、その神様の何に向き合っているのか。要するに、その神はすべてをご支配はされてないと。神の存在は信じるが、運命が私を支配している、あるいは、神が私を守っていることも多いが、う~ん、天国に行くとか、究極的なところは神が何とかしてくれるけど、人生は運命と自分との共同作業で…とか、こういう信仰か何だかわからない、自分なりの宗教理解というのも、先の勇ましい漫画の主人公より、ひょっと多いのかもしれません。

イエス様が、どうして人々は「メシアはダビデの子だ」と言うのかと問われたとき、これと同じことが問われているのです。メシア、つまりギリシャ語に訳すると、キリスト。もとの言葉は、ヘブライ語で、油を注がれる儀式によって特別に選ばれ任職された人のことです。ダビデもまた、神様から特別に選ばれてイスラエルの王様に任職された人でしたから、その意味でダビデもキリスト、メシアだと言えますが、イエス様の時代には、当時イスラエルを支配していたローマ帝国からイスラエルを救い出すために、きっと必ずや神様が特別に選ばれた救い主、メシア=キリストを与えてくれるに違いない、ああ、きっとそうだ、だって、そうやろうと。そのキリストこそ、あの偉大なるダビデ王のように戦いに負けたことのない絶大な武力、神の力によって私たちを救い、ついにはそのときに、神の国がやってきて、イスラエルによるこの世界の支配がやってくるんだ。その支配をもたらすメシアこそが、ダビデの血筋をもって生まれるメシア、つまりダビデの子なんだと、まあ何となく多くの人が信じておった。そういう力強い指導者の出現を、信じたくなるような生活環境もありました。今の時代にも当てはまる格差社会の問題もそうでしょうか。要するに不公平で、ズルイ社会になっていて、強い人が弱い人を支配し、お金持ちは自分の好きなことをお金持ちのレベルでできるのに、貧しい人はできない。食べ物が違う。買う店も違う。昔は革命が起こりました。ナポレオン革命、共産革命、社会主義革命、力あるリーダーが人々を引っ張って、まるでメシアのように褒め称えられ、あるいは現代ならテロでしょうか。いつの時代でも革命を求める叫びがあり、この人ならやってくれそうだというカリスマ的人物に期待が集まる。私の人生にとって救いとなるような革命を、与えてくれる誰かを求める。社会問題を考える人も考えん人も、自分の求める、私に関わる、私に意味のある何らかの救いを、求める点では同じでしょう。

私たちはどのような救いを求めているのか。キリストの救いはこういう救いだと、どうして、それを求めているのか、何をわたしに求めているかと、キリストご自身が問うておられる。わたしに、どうあって欲しいのかと。

人間は、例えば愛する人に優しさを求めたり、強さを求めたり、賢さや、もうちょっと、こういう見栄えだったらよいのにとか…余り言って人間関係が気まずくなってもいかんのでやめときますが、何かを求めずにはいられないのが人間です。愛してない人に対してだって、例えば、自分を不快にさせる人には、不快にさせんとってくれと求める。関わらんとって欲しいと求めることもあるでしょう。イエス様が私たちに先ず問われるのは、私たちがどんなキリストを信じていて、どんなキリストを愛しているのか、それを自分で批判し、もし偶像を作っておったら、人生を滅ぼす有害な偽りから悔い改めて、まことのキリストに従いなさいということです。自分を繰返し信じては、都合のよいキリストを捏造してしまう人間に対して、自己批判を教えておられるとも言えるでしょうか。神様を求め、救いを求め、キリストを求めていると言いながら、もし私たちの求めているキリストのイメージをイエス様ご自身がご覧になって、え、それ、わたし?となると、私たちの救いが危うくなる。私たちが神様を信じ、その救いを信じていると思っている、それは一体、どのような理由で信じてきたのか。何を根拠に信じてきて、今の生き方になっているのか。ならばキリストがダビデの子なのは、一体どうしてそうなのか。どうしてダビデの子でないといかんのか。この御言葉によってわきまえなさいと、主は詩編110篇の御言葉を引用されます。

主なる神様が、キリストに「わたしの右の座に着きなさい」と言われている。右の座とは、王様が自分の息子に、王の実際の働きを任せて、自分の右に座らせる。言わば社長の座を息子に譲り、自分は会長として統率するような関係です。ならキリストは、単にダビデの主だと言うのでなく、神様に等しい存在であると、ダビデも言うておるじゃないか。なら、神様に等しい神の子が、それでもダビデの子であるとは、完全に神様でありながら、完全に人である救い主とは、一体どういうキリストなのか。問い方を変えれば、どうして私たちを救われるために、神様が人となられる必用があったか。

敵から救うためです。キリストの敵と言われます。神様が、キリストの敵を、その足下に屈服させられる、キリストの敵とは何でしょうか。格差を生む人か。それとも犯罪に手を染める弱い意志か。らちのあかん政治か。不完全な教育か。とにかく自分じゃない、自分以外の誰かと言うなら、その不遜に神様は怒られ、敵対されます。あなたは自分の罪に敵対しないのかと、隣人を愛さないことを罪として問われる。その神様に敵対する人間。人の罪を問う神は好きでも、私の罪を問う神様は敵だと逆らう、どうしようもない神様の敵。この敵に、人間がどうしても勝てないこの敵に、キリストが立ち向かわれて人となられた。私たちの王として、主として、代表者として、十字架という剣を背負って、この敵に敢然と立ち向かわれた。神様による罪の裁きという剣を背負って、その神様の裁きである十字架の剣の上で、自らの肉体も心も裂かれて裁かれて罰を受け、死なれる。そのために、ダビデの子孫として人となり、人間を滅ぼすためでなく救うため、神様に選ばれた王であり、主であるキリストとして、神様が人としてお生まれになって来て下さった。それは、主が十字架で私たちの代表となって裁かれ死んで、背負われた罪を全部赦して、これがあなたを愛される神様の、あなたに対する闘いである、あなたの罪は赦された。あなたはこの愛の前に悔い改めて、まことの神様を信じなさい、わたしはあなたを背負う王である、あなたはわたしに何を求めるか、わたしはあなたが帰るのを求めると、主は私たちに誠実な求めをされるのです。

この方が、私たちの罪に勝利され、全能である神の右に着座なさったキリストです。このキリストに、救われて人は生きるのです。

11/9/4朝礼拝説教@高知東教会 ルカによる福音書20:27-40、詩編88篇9-13節 「生きよ、人は復活する」

11/9/4朝礼拝説教@高知東教会

ルカによる福音書20:27-40、詩編88篇9-13節

「生きよ、人は復活する」

 

復活したら、天使に等しい者になるって、一体どんなイメージを思い浮かべればよいのでしょう。まさか背中から翼が生えているイメージ、ではないと思います。西洋絵画の天使たちのように美しい金髪になるのでしょうか。こんな和風の顔で(笑)。いやあ、できれば勘弁してもらいたいと思うのですが、イエス様が力を込めて言われているように、人は神様によって生きるのですから、金髪になるのなら、主よ、どうぞ思いのままに、ただもしそうなら、ぜひパーマもと願うばかりです。皆さんは、どのような天使に等しくなりたいと思われるでしょうか。

神様によって生きる者は、なるのです。天使に等しい生き方ができるように、復活によって変えていただける。例え今、地を這うような生活にどんなに涙していても、私たちが神の子と呼ばれる者となるために、キリストを私たちに下さった神様を信じて、神様によって生きている者は皆、天使に等しくなるのです。もはや死ぬこともない神の子として、永遠に喜びの中を生きていけると、主は約束をしておられる。

復活を考える時に、どうしても考えないかんのが、この「生きる」という問です。人は、どうして生きるのか。何故、生きるのか。何のためにと言ってもよいし、何によって生きるのかとも言えるでしょう。私は何に対して生きているか。これに答えることができなかったら、復活のいのちを考えたとしても、ピンと来ないのではないでしょうか。神様によって復活させられて、さて、じゃあ何のために復活をするのか。どうやって、それから永遠を生きていくのか。これをイメージできないということが、当時のサドカイ派のような復活否定、あるいは、復活はするにはするんだろうけれど、ピンと来んから今が大事よという現世主義、半分サドカイ派という意味で、半サドカイ派という結果に、なるのではないかと思うのです。

それに対してイエス様は、はっきりとこう言われます。すべての人は神様によって生きている。あるいは、こう訳したほうがよいでしょう。すべての人は神様に対して生きている。神様によってと訳すなら、私たちの心臓が動いて、心が動いて、前に向かって生きようとしている。その生きている命を後ろから、さあ、前にと、生かしておられるのが神様だという理解になるでしょうか。あるいは、神様に対してと訳すなら、そうやって神様が生かして下さっている私たちの命には、向かうべき先があるというのです。向かうべき先に向かってないのを、聖書では、命の的外れ、罪だと言うておるのですけど、罪に生き、的を外して生きて死んでも、その先に神様と対面することは決まっています。イエス様がここで力を込めておっしゃるように、すべての人は神様に対して生きているからです。だから神様と対面をします。そして、あなたは次の世に入って死者の中から復活するのに相応しいか、どうかと問われる。

改めて、いま神様の前で、考えたいと願います。私たちは何のために生きているのでしょうか。どこに向かって、今の生活は作り上げられているのでしょうか。宗教改革者ルターは言いました。私のカレンダーには二つの日しかない。今日この日、そして主に対面をする、その日だ。かけがえのない今日と、仮に明日が来なくても必ず来る、その日。今日と、その日。ルターが、どちらの日に比重を置いていたかは明白です。その日のために生きているから、今日の日を永遠の重みをもって生きていくことができるのです。私たちもまた同じです。今日の一日は、本当は、永遠の重みを持っています。無論、今日、罪を犯してしまったら、その日、復活を取り上げられるというようなイメージは、神様を誤解しています。そんな機械仕掛けの裁きの神が、私たちのためにキリストを十字架につけて身代りにされるでしょうか。私たちのためにキリストを死者の中から復活させて、あなたの罪は赦されたから、あなたも復活にあずかって生きられるから、永遠の重みを持つ今日を、キリストを信じて生きなさいと、むしろ呼びかけ、背中を押して、すべての人はわたしに対して生きていると、今日の日を神様に向かって生かしてくださる。それがキリストによって私たちを復活させて救われる、世界を造られた神様です。私たちは、この神様に対してある、今日を生かされている。かけがえのない今日を、神様に生きていけるのです。

天使もそうです。天使こそ、そうだと言うほうがよいのでしょうか。改めて、天使を知って欲しいと思います。キリストに救われる私たちは天使に等しい者になるからです。金髪のことは忘れて下さい。そもそもアブラハム達に現れた天使の髪の毛の色は、おそらくユダヤ人と同じ、ジェットブラック、真っ黒です。他にもおるのかもしれませんけれど、おしなべて天使について言えるのは、死ぬことがないということです。死ぬことが、できないというのが直訳です。どうして死ぬことができんのか。天使については、明白です。一つには、私たちと同じ人間の肉体を持ってないからです。が、もう一つの理由のほうが決定的です。天使は神様に対して生きているからです。私たち人間は神様に対して生きているのに、なのにこの世で自分に生きて、神様に生きるという的を外して、永遠を外して罪を犯して、生き損なって死んでいくのに、天使は、喜んで神様に生きている。この福音書の最初に出てきた何人もの天使を思い起こせば、よくおわかりになられると思います。皆、神様に対して喜んで生きていて、神様に仕え、神様が愛してやまない人々の救いのために仕えて生きて、賛美に満ちている。天使は神様に生きていて、罪を犯してないのです。だから天使は死にません。その天使の喜びに、人は等しくなれるのです。もはや神様に対して、罪を犯さず、自分に対して生きることをせず、それ故に苦しみ葛藤する一切の罪との闘いも敗北もなくなって、神様を悲しませることも、怒らせることも、再び神様に、あなたはどこにいるのか、何ということをしたのかと問わせることもなくなって、神様を愛して、人を愛して、真実に喜んで生きられるから、もはや死ぬことがないのです。赦されて、キリストの復活に結ばれた、神の子として、人は神様に生きられる。

その人は、天使に等しい者であり、復活にあずかる者として、神の子だからである。主がそうおっしゃった「神の子だから」という言葉は、イエス様が神の子と呼ばれる言葉と、等しい言葉で言われます。天使と等しいどころではない。人としてのイエス様と等しくならせて頂ける。復活にあずかるとは、そういうことです。イエス様が、わたしは復活であり、命であると言ってくださった。そのイエス・キリストに結ばれてキリストの復活に結ばれて、あなたはわたしと同じ神の子だろう、神の子のいのちに生きていく為、あなたは生まれてきただろう、思い出せ、あなたの真実を、忘れるな、あなたの出生の秘密を、あなたは神の子となるために生まれてきた、失ってしまったものは取り返したから、あなたの罪は赦されたから、神の子として復活して生きる、あなた本来の命に立ち返れ、神の子よ、立ち上がれ、死者の中から復活せよと、復活のキリストが、命じてくださる。キリストが私たちを神の子として生かしてくださる。だから人は、神様に生きていくことができるのです。

すべての人は神様によって生きる。それは単に手段ではありません。それはすべての人の目的です。人は、神様によって生まれてきました。そして、神様に向かって生きるのです。キリストがそのために、死んで甦ってくださって、あなたはわたしに従いなさい、と呼んでくださる。ここに命があるのです。生きる目的があるのです。すべての人は、神様に生きていくのです。